竹久夢二

たけひさゆめじ

株式会社花田美術
東京都公安委員会許可第301088901857号美術品商
会社概要問い合わせQ&Aメールサイトマップ
「美術品売却の手引き」小冊子のご請求はこちらから
花田美術 > 取り扱い作家 > 竹久夢二 > 評価査定書作成はこちら お電話での受付は専用ダイヤル 03-3289-0668 まで
 竹久夢二作品の鑑定・査定・買い取りについて

竹久夢二作品を売りたい・査定したい場合はこちらから 竹久夢二作品を鑑定したい場合はこちらから 竹久夢二作品のオンライン無料査定受付や鑑定・査定に関するお問い合わせフォームはこちらから 竹久夢二作品のメールでのお問い合わせはこちらから
竹久夢二作品を売りたい・査定したい場合はこちらから
竹久夢二作品を鑑定したい場合はこちらから
竹久夢二作品のオンライン無料査定受付や鑑定・査定に関するお問い合わせフォームはこちらから
竹久夢二作品のメールでのお問い合わせはこちらから
お電話でのお問い合わせは、専用ダイヤル 03-3289-0668(花田美術銀座店内)までお気軽にどうぞ
 竹久夢二  たけひさゆめじ
竹久夢二
竹久夢二
竹久夢二
たけひさゆめじ

(日本画作家・洋画作家)
明治17年(1884年)〜 昭和9年(1934年)

明治17年(1884年)9月16日 岡山県邑久郡本庄村(現在の岡山県瀬戸内市邑久町本庄)に代々酒造業を営む家に次男として生まれる。本名は茂次郎。兄が前年に亡くなっていたため事実上の長男として育てられる。明治32年(1899年)神戸の叔父宅に寄宿し兵庫県神戸尋常中学校入学。明治33年(1900年)福岡県八幡村(現在の北九州市八幡東区)枝光に転居。明治34年(1901年)家出して単身上京。明治35年(1902年)早稲田実業学校入学。明治38年(1905年)友人であった荒畑寒村の紹介で平民社発行の「直言」にコマ絵が掲載される。「光」、日刊「平民新聞」に諷刺画などの絵を掲載し、社会主義者らとの親交を深める。「中学世界」に『筒井筒』が第一賞入選、このとき初めて夢二を名乗る。早稲田実業専攻科中退。明治39年(1906年)童話雑誌「少年文庫」の挿絵を描く。明治40年(1907年)絵葉書店「つるや」の店主、岸たまきと結婚。読売新聞社に入社し時事スケッチを担当。明治41年(1908年)長男・虹之助が生まれる。明治42年(1909年)妻たまきと協議離婚。明治43年(1910年)たまきと再び同棲しその後、二児をもうける。明治44年(1911年)次男・不二彦生まれる。たまきと別居。明治45年(1912年)雑誌「少女」誌上に“さみせんぐさ”の筆名で『宵待草』原詩を発表。大正2年(1913年)「どんたく」出版、その中の一節に『宵待草』を三行詩で発表。大正3年(1914年)日本橋呉服町に「港屋絵草紙店」を開店。大正4年(1915年)婦人之友社より雑誌「子供之友新少女」創刊、絵画主任として挿絵を描き始める。大正5年(1916年)三男の草一生まれる。京都二寧坂に転居。大正6年(1917年)彦乃と同棲。大正7年(1918年)『宵待草』がセノオ楽譜から発刊。全国的なヒットとなる。大正8年(1919年)寄宿先の本郷・菊富士ホテルにてお葉を紹介される。大正9年(1920年)彦乃25歳で病没。大正10年(1921年)お葉(後の作品『黒船屋』のモデル)と渋谷に所帯を持つ。大正13年(1924年)アトリエ兼自宅・少年山荘(山帰来荘)を東京府荏原郡松沢村松原(現・東京都世田谷区松原)に建設。大正14年(1925年)作家・山田順子と関係を持つ。昭和3年(1928年)母・也須能没。昭和6年(1931年)父・菊蔵没。昭和8年(1933年)ベルリンに滞在の後、神戸に帰国する。10月には台湾に渡るが体調を崩し帰国、結核を患って病床につく。昭和9年(1934年)長野県八ケ岳山麓の富士見高原療養所に入院の後、逝去。有島生馬らにより東京・雑司ヶ谷霊園に埋葬。

数多くの美人画「夢二式美人」作品を描き、大正浪漫の代表画家。児童雑誌の挿絵も多く描き、文筆の分野でも詩、歌謡、童話など創作。また、書籍の装幀、広告物、日用雑貨、浴衣等のデザインも手がけた。詩「宵待草」には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的ヒットした。
 画廊案内
花田美術 会社概要
東京美術商協同組合員
東京美術倶楽部組合員
東京都公安委員会許可第301068901857号美術品商
 銀座店
花田美術銀座店 03−3289−0666 東京都中央区銀座7丁目8-16サンライズビル1階
TEL 03-3289-0666
FAX 03-3289-5454
画廊営業時間 10:00〜19:00
土曜日 10:00〜18:00
日曜・祝日休み(展覧会中は無休)
■銀座店内 美術品の売却・購入相談専用電話■03-3289-0668
 主な取り扱い作家リンク
取り扱い作家一覧
日本画作家:
秋野不矩 伊東深水 岩橋英遠 上村松園 上村淳之 大山忠作 奥田元宋 奥村土牛 小野竹喬 小倉遊亀 小茂田青樹
加山又造 加藤東一 鏑木清方 川合玉堂 片岡球子 川端龍子 黒岩善隆 小林古径 小泉智英
杉山寧 千住博 清水規
高山辰雄 竹内栖鳳 竹久夢二 田渕俊夫 坪内滄明 徳岡神泉 富岡鉄斉
中島千波 那波多目功一
橋本関雪 速水御舟 東山魁夷 平山郁夫 菱田春草 福田平八郎
前田青邨 松尾敏男 松本勝 村上華岳
安田靫彦 山口華楊 横山大観 横山操
洋画作家:
青木繁 浅井忠 有元利夫 浮田克躬 牛島憲之 梅原龍三郎 岡鹿之助 岡田三郎助 荻須高徳
香月泰男 彼末宏 鴨居玲 岸田劉生 絹谷幸二 黒田清輝 熊谷守一 小磯良平 小絲源太郎 児島善三郎 小山敬三
佐伯祐三 坂本繁二郎 鈴木信太郎
高田誠 竹久夢二 鳥海青児 寺内萬治郎 東郷青児
中川一政 中村彝 野間仁根 野田弘志
林武 林喜市郎 福井良之助 福岡通男 藤島武二 藤田嗣治
三岸節子 宮本三郎 棟方志功 向井潤吉 森本草介
安井曽太郎 山口薫 山下清 和田英作
陶磁器・彫刻:
荒川豊蔵 板谷波山 今泉今右衛門 大樋長左衛門 岡部嶺男
加藤唐九郎 加藤土師萌 金重陶陽 加守田章二 河井寛次郎 北大路魯山人 楠部彌弌
黒田辰秋
酒井田柿右衛門 島岡達三 佐藤忠良 笹戸千津子
富本憲吉 高村光雲
浜田庄司 藤本能道 平櫛田中 藤田喬平 舟越保武 堀柳女
三輪休雪
八木一夫 柳原義達 藪内佐斗司 山崎朝雲 淀井敏夫
楽吉左衛門
海外作家:  
ベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet)
ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault)
  カシニョール(Jean-Pierre Cassigneul)
マリー・ローランサン(Marie Laurencin)
モーリス・ド・ヴラマンク(Maurice de Vlaminck)
モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)
モイーズ・キスリング(Moise Kisling)
ポール・アイズピリ(Paul Aizpiri)

取り扱い作家一覧はこちらから
株式会社花田美術 代表取締役社長花田孔男
社長の花田でございます。
花田美術では竹久夢二先生の作品を探しております(買取)。時価評価・鑑定・買い取り等のご相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。
株式会社花田美術 花田淳
花田淳です 竹久夢二先生の作品の事でしたらお気軽にご相談下さい
株式会社花田美術 江口
メールフォームメールは江口が返信致します。メールはinfo@art-information.ne.jpまでお気軽に 
株式会社花田美術 船本
船本です 御質問・ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社花田美術 小林
お電話は小林が承ります。専用ダイヤル 03-3289-0668(花田美術銀座店内)

竹久夢二作品の時価評価・鑑定・買い取り・購入等のご相談については常時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい


花田美術 銀座店 鑑定・査定・買い取り相談 銀座店 03-3289-0666
メールアドレス hanada@art-information.ne.jp


〜お客様から感謝される仕事をモットーに笑顔で仕事を致しております〜

美術品の売却・購入・鑑定・評価査定書の作成等につきまして、御質問・ご要望などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
個人の方の美術品の相続査定、地方自治体・金融機関・法人企業様の時価評価、弁護士・税理士・会計士・司法書士・企業の経理担当者様、各種手続きに必要な書類を作成致します。

花田美術銀座店 TEL:03-3289-0666 FAX:03-3289-5454
メール:hanada@art-information.ne.jp

東京都公安委員会許可第301088901857号美術品商東京都公安委員会許可第301088901857号美術品商  東京美術商協同組合員  株式会社 花田美術

花田美術トップページ花田美術 銀座店花田美術 軽井沢店取り扱い作家会社概要
美術品の相続・査定・鑑定美術品売却の手引き問い合わせメールフォームサイトマップ
プライバシーポリシー良くあるご質問お問い合わせ先一覧メール