作家・作品・ニュースなど美術情報を紹介するサイト

ホーム > 作家一覧 > 絵画 > 草間 彌生

くさま やよい

草間彌生

略歴

1929年3月22日〜

1957年 ニューヨークへ渡る。
1973年 体調を崩し日本へ帰国。
1996年 際美術評論家連盟から2年連続でベストギャラリー賞を受賞する。
2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰を受ける。
2001年 朝日賞を受賞する。
2002年 紺綬褒章を授章する。
2003年 リヨン・ビエンナーレに参加。同年、フランス芸術文化勲章オフィシエ、長野県知事表彰を受ける。
2004年 大規模個展が日本を巡回。
2005年 「草間彌生全版画集(1974年(昭和49年)~2004年(平成16年))」を阿部出版から刊行される。
2006年 旭日小綬章。ライフタイムアチーブメント賞。高松宮殿下記念世界文化賞。
2009年 10月、文化功労者に選出される。
2014年 安吾賞を受賞する。
2016年 文化勲章を受章する。
2017年 「草間彌生美術館」が開館。
2017年 名誉都民

草間彌生とは

美術館に行かなくても街中を歩いていると、草間彌生の作品を目にすることが多々あります。このとき、草間彌生はまだまだ日本の現代美術の先頭を走っていると改めて実感します。私は野球が好きですが、長嶋茂雄の現役時代を知らないのでリアルタイムで見ていた人たちを羨ましく思います。そういう理由で、同じ時代を生きるイチローの現役時代を見られるということは誇りですし、その時間を大切にしています。そして草間彌生も88歳ですがまだまだ「現役」です。現代美術というのはほとんど、その作家の現役時代を共に過ごせてリアルタイムで活躍を楽しめるというものがあると思います。皆さんも今だからこそ草間彌生について知っていきませんか?

「逆輸入型」の芸術家 

再び野球の話をして申し訳ありませんが、大谷翔平が日本で活躍してからメジャーに挑戦する様に、どの分野でもまず国内で活躍してから海外で有名になるというのが一般的かもしれませんが、草間彌生は違うと言えるでしょう。最初は日本でも活動をしていましたが、拠点をニューヨークに移してから注目されるようになりました。当時のアメリカは抽象表現技法が盛んで、そこに身を置いた草間彌生は必死に取り組みました。複数の賞を獲得し、日本に帰国しました。帰国後は小説家やパフォーマンス家としても活躍しました。

「水玉模様」が意味するもの 

草間彌生の作品と言えば「水玉模様」ですがこれは何が由来なのでしょうか?その答えは意外なものかもしれません。草間彌生は幼いころに総合失調症に悩まされたといいます。具体的にいうと幻覚が見えるということです。その幻覚が水玉だったそうで、それから逃れるために絵を描いていたそうです。皮肉なことかもしれません。

有名な「かぼちゃ」の作品を実際に観に行きました!

その水玉模様を使った「かぼちゃ」の作品は有名です。
絵画以外にも立体作品もこのように創作しております。立体作品についてはなんと銀座の「GINZA SIX」で2018年2月末まで展示されていますので、私も実際に行ってきました。

草間彌生美術館の誕生

そして最後にタイムリーな話題ですが、草間彌生美術館が今年の10月に新宿に誕生しました。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。しかし、この博物館は予約制でふらっと立ち寄れる場所ではありません。お気を付けください。ちなみに現在、向こう2か月は予約がいっぱいです。草間彌生の人気がよくわかります。
https://www.youtube.com/watch?v=Zsdw4RBydfM「ルトロン・おでかけ動画マガジン」より

English introduction

I can see Yayoi Kusama’s work without going to museum. At that time, I think that she is the best artist in Japanese modern art. I like baseball but I don’t know the career of Babe Ruth, so I envy the people who know his career in real time. That’s why I’m proud of seeing the career of Ichiro and I cherish this time. She is 88 now but she is working. In that case of modern art, we can enjoy their activity now unlike another art. Why don’t you know about Yayoi now all the more? 

Yayoi is reimportation artist. At first, she worked in Tokyo, but she moved to New York. She became famous in there. USA was familiar with the abstract expressionism at that time. She learned it very hard in New York. She got some prizes, she returned to Japan, After returning, she played as novelist and performance artist not only artist. 

Speaking of Yayoi, the polka dot is famous, but what does it mean? The answer is surprising. When she was young, she had heavy sick. That’s why she could see the hallucination. It was polka dot. To escape these things, she drew the pictures. 

The pumpkin used the polka dot is very famous.
And she uses polka dot to make object not only the pictures. We can see such a object at Ginza Six in Tokyo until Feb 2018, so I went there. It was simple but powerful. You need to see it.

The museum of Yayoi Kusama opened in this October. Why don’t you go there? But you need to book the schedule. Please be careful. Now the reservation is full until January. It is easy to know her popularity.
 
 

草間 彌生 に関する記事

まだ記事がありません。

草間彌生の作品を探しております

www.art-information.ne.jp
鑑定・査定の無料相談受付中。
大切な財産だからこそじっくりと丁寧にご相談内容をお聞きします。

草間彌生 について

草間 彌生に関する記事

  • まだ記事がありません。