作家・作品・ニュースなど美術情報を紹介するサイト

ホーム > 作家一覧 > 絵画 > 森本 草介

もりもと そうすけ

森本草介

略歴

1937年8月14日~2015年10月1日(78歳没)

1937年 朝鮮全羅北道全州府に生まれる。

1943年 父の転任により家族とともに東京に戻る。

1958年 東京芸術大学美術学部油画科に入学。

1961年 伊藤廉教室で学ぶ。在学中に安宅賞を受賞。

1963年 国画会第37回展に「聚」を出品、初入選する。以降、毎年国画会に出品。

1968年 国画会第42回展に「響」を出品、サントリー賞を受賞。

1978年 第1回現代の裸婦展に「青い耳飾り」を出品。

1986年 第1回現代作家美術展に「昼さがり」を出品。

1993年 現代の視覚'93展に「白いソファーの裸婦」を出品。

1995年 森本草介画集(求龍堂)が刊行される。

森本 草介(もりもと そうすけ)現代写実界を代表する洋画家である。美しい旋律が画面全体に流れるように願いを込めて描いている。静物画から始まりその後、美しい女性像、裸婦画のシリーズを生み出した。ホキ美術館に多く作品が収蔵されている。

 

 

森本 草介 に関する記事

まだ記事がありません。

森本草介の作品を探しております

www.art-information.ne.jp
鑑定・査定の無料相談受付中。
大切な財産だからこそじっくりと丁寧にご相談内容をお聞きします。

森本草介 について

森本 草介に関する記事

  • まだ記事がありません。