浜田庄司(濱田庄司) はまだしょうじ

浜田庄司 柿釉赤繪瓶

柿釉赤繪瓶

大胆な模様と手轆轤による造形。陶芸界の巨匠。
1894年(明治27年)~1978年(昭和53年)
少年時代に画家を目指していた浜田庄司ですが、ルノアールの「 フランスの絵描きの半分が工芸家になってくれたなら‥‥工芸家も質を向上させる事ができる‥‥ 」という一文を読んだのちに工芸家を志たと云われています。釉薬の流描による大胆な模様は、そんな少年時代から培ってきた美的感性がいかされているのでしょう。
日常的な暮らしの中で使われてきた民衆的工芸品の中に「用の美」を見い出した“民芸運動”を柳宗悦、河井寛次郎、芹沢けい介らと共に推進した事でも有名です。

浜田庄司作品の鑑定・査定・買い取り・売却について

船本靖広001

花田美術の船本でございます。
お客様から評価査定等のご相談があった際、お話を申し上げる時の雰囲気を少しでもお分かり頂けるかと思い、浜田庄司先生の作品を用いてページを企画致しました。弊社DVDの作成の時もお世話になった安藤幸代さんにご協力頂きます。

安藤幸代さん

安藤です。よろしくお願い致します。

浜田庄司先生は明治から昭和期を生きた日本の陶芸家です。現在の神奈川県川崎市で生まれ、東京高等工業学校(現:東京工業大学)に進学し、板谷波山に学びました。イギリス・ロンドンで個展を開催したという実績もあり、1968(昭和43)年には文化勲章を受章されました。

こちらは浜田庄司先生の代表的な「柿釉(かきゆう)」の作品です。

浜田庄司 柿釉 大皿

船本靖広002

高台の形状も浜田庄司先生の作品特有の形です。
陶磁器の作家は高台などに描き銘や掻き名を入れることで本人の作品のしるしとしていますが、
浜田庄司先生は作家と呼ばれることを望まず、工人であろうとしたため
高台などに銘は入れていません。

浜田庄司 高台の形状
浜田庄司 描き名
浜田庄司 高台 特有

船本靖広003

共箱に「柿釉抜繪皿」と書かれています。
共箱とは、作者自身が桐箱などに署名をした箱の事を言い、真贋を証明する証明書のような物です。作品に箱書きを付けるということは、誰よりもシビアな目を持つ作家自身が認めた逸品の証であり、二重の重要性を持ちます。

写真はこの作品の共箱になりますが、蓋の裏に作品名とサインそして押印がされています。

浜田庄司 共箱 サイン
浜田庄司 共箱 柿釉抜繪皿

安藤幸代さん

柿釉抜繪皿とはどういう意味ですか?

船本靖広003

はい。まず「柿釉」についてお話しさせて頂きますね。

柿釉とは、益子で赤粉と呼ばれていた実用向けの釉薬を、浜田庄司先生が低温で焼くなどの改良を重ね、秋の風情を纏った柿を感じさせるものに発展させたものです。

浜田庄司 柿釉

安藤幸代さん

とても美しい色ですね。

この柿釉を使った作品が浜田庄司先生の代表的な作品になるんですか?

船本靖広001

そうですね。鐵繪(てつえ)、赤繪、白釉、地釉など、いろいろな釉薬を使った作品が存在しますが、
やはり浜田庄司先生なら柿釉の作品を収集したいとお客様からお話頂くことが多いですね。

参考に鐵繪や赤繪、地釉は下の画像のような感じですね。雰囲気がぐっと変わります。

浜田庄司 鐵繪
浜田庄司 赤繪
浜田庄司 地釉
浜田庄司 地釉2

船本靖広001

つぎに抜繪につきまして、

抜繪とは、このお皿の中央に見られますが、柿釉などの釉薬を掛からないようにし、地を生かして唐黍文(とうきびもん)のデザインを表現したこの意匠のことを言います。非常に力強く勢いのある唐黍文です。美しいですね。

浜田庄司 抜繪

安藤幸代さん

はい。美しいですね。

唐黍文という名前があるんですね。とうもろこしですよね。お聞きする前は、何か“書”が書かれているのかなぁと思っていましたが、唐黍文とお聞きすると、元気で生き生きとした唐黍が感じられて面白いですね。柿釉とのコントラストも良いですね。

柿釉や抜繪があると高い値段がつくのでしょうか?

船本靖広001

一概に「はい」とも言い辛いところもありますが、評価の大切なところは先生らしい作品かどうかということです。誰が見てもその先生らしい作品の方が人気があり評価も安定しています。珍しい作品は、希少価値という意味では価値は高いはずですが、評価価格に限っていえば、珍しいものより誰にでもその先生の作品と判る様な分かり易い作品の方が高くなります。また、評価価格については需要と供給の影響が大きく反映されます。

こちらの作品は直径が27.4cmで、比較的多く制作されている大きさのお皿ですね。

浜田庄司 サイズ 価格

船本靖広002

ちなみに作品のサイズのお話を致しましたが、陶磁器類のサイズを測る時は、是非、柔らかくて作品に傷をつけない物を使用して下さい。万が一、何かの拍子に強くぶつける様な事がおきたとしても、傷をつけてしまうような心配が少なくなりますので。

浜田庄司

安藤幸代さん

作品のサイズに関して言えば、やはり大きいサイズの作品の方が高い評価価格になりますか?

船本靖広001

直径50cmを越えるような大鉢は評価が高いですね。作品の状態によっても評価が大きく変わります。
画像ですと少し見えづらいのですが、釉薬が掛かりきっていない部分が2カ所ほど見えます。 買われる方はこのような箇所も非常に気にされます。

浜田庄司 抜繪
浜田庄司 買取 査定
浜田庄司 売却 相談

安藤幸代さん

そうですね、釉薬が掛かっていないような少しだけマットな部分がありますね。

船本靖広003

はい。他には、大きな欠点にはなりませんが、箱が少し焼けてしまってきており、紐の掛かっていた場所と色の差が出ています。程度問題ですが、近現代の作品については、箱に焼けや汚れがある物は嫌がる方も多いので敬遠されがちになります。本当は経年による「味」ととらえられるようなものですが、やはりより綺麗な物の方が好まれる場合が多いですね。

浜田庄司 箱

船本靖広003

あとは、こちらも大きな欠点という事ではありませんが、共箱の蓋が少し反ってきてしまっています。まだ小さな反りの程度なので特に問題はありませんが、これが大きく反ってきてしまうと、蓋がきちんと閉まらなく紐を掛ける際の抵抗になったり、無理な力が加わり易く割れてしまうような危険性が増えますので、程度によっては注意が必要ですね。
小さな反りであれば、お風呂場の様に湿度の高い場所にしばらく置いておくと自然と本来の形に戻ってきます。ただし、マダラになることがありますので直接的に水分をつけないようにお気をつけください。

浜田庄司 箱 瑕疵

安藤幸代さん

直せるんですね。

船本靖広001

はい、桐箱の素晴らしさです。

下の2枚の写真ですが、上が通常の共箱。そして下は「工房もの」と言われる大量に製作された作品の箱で、印を変えて作られています。

浜田庄司 工房もの浜田庄司 買取相談

安藤幸代さん

工房で大量に作られたような作品もあるのですね。かなり多く作られたのですか?

船本靖広001

どの程度作られたのか正確な数は判りませんが、「工房もの」の作品のお問い合わせは非常に多いです。「工房もの」は世の中に大量に出回っており、金額的には安価なので、棚に飾るというよりも民芸を楽しみ親しんでお使いいただくことをお勧めしています。

大皿の作品や赤繪の意匠が美しい作品はお客様からのご注文も多くあり、人気の高さが伺えます。 浜田庄司先生の作品の事で何か御座いましたら、陶磁器担当の船本へお気軽にご相談ください。

電話:03-3289-0668 メール:yasuhiro.funamoto@hanada-gallery.co.jp

浜田庄司(濱田庄司)作品専用の問い合わせフォーム

以下のフォームにご入力頂き、お気軽にお問い合わせ下さい。

■ 以下の問い合わせフォームにご記入頂き、フォーム最下部の送信ボタンをクリックして下さい。
■ 担当者より、お問い合わせ順にご返信申し上げます。(通常 当日〜3日)

▼作品情報の入力です
  作家名 浜田庄司(濱田庄司)
※その他、同時にお問い合わせがある場合は、作家名をご記入下さい
  お問い合わせ内容
  (複数選択可能です)
売却希望
査定希望
購入希望
評価査定書作成について
鑑定について
その他
  作品詳細
  (複数選択可能です)
共箱有 識箱有(浜田晋作)
識箱有(その他)
その他
▼以下、お客様情報の入力です
  お名前(必須)

例)花田 一郎
  メールアドレス(必須) ※お間違えの無い様、ご入力下さい。

例)info@hanada-gallery.co.jp
  ご質問・ご要望等
  ご記入下さい

※お電話でも受付しております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。 花田美術 銀座店 03-3289-0668

画廊案内

花田美術 会社概要
東京美術商協同組合員
東京美術倶楽部組合員
東京都公安委員会許可第301088901857号美術品商

花田美術 銀座店 03-3289-0668
■銀座店内
東京都中央区銀座7丁目8-16サンライズビル1階
TEL 03-3289-0666
FAX 03-3289-5454
画廊営業時間 10:00-19:00
土曜日 10:00-18:00
日曜・祝日休み(展覧会中は無休)
美術品の売却・購入相談専用電話■03-3289-0668

日本画作家:
秋野不矩伊東深水岩橋英遠上村淳之上村松園大山忠作奥田元宋奥村土牛小倉遊亀小野竹喬小茂田青樹
片岡球子加藤東一鏑木清方加山又造川合玉堂川端龍子黒岩善隆小泉智英小林古径
清水規杉山寧千住博
竹久夢二高山辰雄竹内栖鳳田渕俊夫坪内滄明徳岡神泉
中島千波那波多目功一
橋本関雪速水御舟東山魁夷菱田春草平山郁夫福田平八郎
前田青邨松尾敏男松本勝村上華岳
安田靫彦山口華楊横山操横山大観
洋画作家:
青木繁浅井忠有元利夫浮田克躬牛島憲之梅原龍三郎岡鹿之助岡田三郎助荻須高徳
香月泰男彼末宏鴨居玲岸田劉生絹谷幸二熊谷守一黒田清輝小磯良平小絲源太郎児島善三郎小山敬三
佐伯祐三坂本繁二郎鈴木信太郎
高田誠竹久夢二鳥海青児寺内萬治郎東郷青児
中川一政中村彝野田弘志野間仁根
林喜市郎林武福井良之助福岡通男藤島武二藤田嗣治
三岸節子宮本三郎向井潤吉棟方志功森本草介
安井曾太郎山口薫山下清
和田英作
陶磁器:
荒川豊蔵板谷波山今泉今右衛門岡部嶺男
加藤唐九郎加藤土師萌金重陶陽加守田章二河井寛次郎北大路魯山人楠部彌弌
酒井田柿右衛門島岡達三
富本憲吉
浜田庄司(濱田庄司)藤本能道
三輪休雪
八木一夫
楽吉左衛門
工芸:
黒田辰秋藤田喬平
彫刻:
笹戸千津子佐藤忠良高村光雲平櫛田中舟越保武堀柳女柳原義達籔内佐斗司山崎朝雲淀井敏夫
海外作家:
ベルナール・ビュッフェジョルジュ・ルオーカシニョールマルク・シャガールマリー・ローランサンモーリス・ユトリロモーリス・ド・ヴラマンクモイーズ・キスリングポール・アイズピリラウル・デュフィ
中国作家:
王震(王一亭)王西京黄冑黄賓虹呉作人呉昌碩斉白石(齊璜)徐悲鴻張大千田世光唐雲白雪石范曾傅抱石

取り扱い作家一覧はこちらから

社長の花田でございます
花田美術では浜田庄司(濱田庄司)作品に関しまして、鑑定・買い取り・時価評価・購入等のご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ


花田美術 花田淳

花田淳です 浜田庄司(濱田庄司)作品の事でしたらお気軽にご相談下さい


花田美術 銀座店 江口

メールでのお問い合わせもご利用下さい。


株式会社花田美術 銀座店 船本

船本です 御質問・ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい


株式会社花田美術 銀座店 花田かおる

相談専用ダイヤルもございます。花田美術銀座店相談窓口03-3289-0668



浜田庄司(濱田庄司)作品の時価評価・鑑定・買い取り・購入等のご相談については随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい


スタッフ
〜お客様から感謝される仕事をモットーに笑顔で仕事を致しております〜

美術品の売却・購入・鑑定・評価査定書の作成等につきまして、御質問・ご要望などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
個人の方の美術品の相続査定、地方自治体・金融機関・法人企業様の時価評価、弁護士・税理士・会計士・司法書士・企業の経理担当者様、各種手続きに必要な書類を作成致します。

花田美術銀座店 TEL:03-3289-0666 FAX:03-3289-5454
メール:info@hanada-gallery.co.jp

東京都公安委員会許可第301088901857号美術品商  東京美術商協同組合員  株式会社花田美術