美術品の売却と税金

美術品を売却した時の税金
美術品等、1個または1組の価格が30万円を超える場合は、売却による所得は総合課税の譲渡所得とされ、課税対象になります。
価額が30万円以下の場合は生活用動産とされ非課税です。

売却する美術品等の取得費(領収書等)が判る場合は譲渡金額から取得費分が控除できますが、取得費が解からない場合は譲渡金額の5%がみなし取得価格とされますので、譲渡金額から取得費として控除されるのは譲渡金額のたった5%です。譲渡費用(譲渡するために掛かった経費)も控除されます。ここから、長期譲渡所得(売却した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える)の場合は50万円の特別控除があり、その後他の所得と合算する際、その2分の1が課税対象となります。

例えば、、、
1,000万円の絵画を売却した場合。(1年間にこの絵画だけ。他の譲渡所得は無し。)譲渡所得1,000万円。

・昔に購入したので、購入金額も不明
・領収書も無い

1,000万円の5%(500,000円)をみなし取得価格とします。
1,000万円-50万円=950万円

特別控除
950万円-50万円=900万円

この金額の半分(900万円×50%=450万円)が、その後他の所得と合算する際に課税対象になります。

 

関連ページ
美術品の減価償却資産について
美術品等の評価について


※お電話でも受付しております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。 花田美術 銀座店 03-3289-0668
※メールinfo@hanada-gallery.co.jpでも受付けしております。

花田美術 花田淳
花田淳(じゅん)です
美術に関することでしたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
花田美術 江口
江口です
メールでのお問い合わせも是非ご利用下さい。
花田美術 船本
船本です
御質問・ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
花田美術 花田かおる
花田です
お電話は花田かおるが承ります。専用ダイヤル 03-3289-0668(花田美術銀座店内)