作家・作品・ニュースなど美術情報を紹介するサイト

ホーム > 作家一覧 > 絵画 > 三岸 節子

みぎし せつこ

三岸節子

略歴

1905年1月3日 - 1999年4月18日(享年:94歳)

1905年 愛知県長島郡起町(現尾西市)に生まれる。

1921年 上京して、岡田三郎助に師事。本郷洋画研究所に通う。

1922年 女子美術学校2年に編入学。

1924年 同学校を首席で卒業、秋に三岸好太郎と結婚。

1939年 新制作派協会に加わり会員となる。

1954年 1年間、滞欧。

1968年 長男の洋画家・三岸黄太郎一家と共に、南仏カーニュに居を定める。

1969年 女流総合展<潮>結成に参加。

1977年 名古屋・ヒマラヤ美術館に三岸節子記念室開設。

1980年 日本橋・三越で画業55年記念展開催。第4回長谷川仁記念賞受賞。

1985年 岡崎市美術館、神奈川県近代美術館ほかで回顧展。

1989年 日本橋三越、松坂屋本店、三越大阪店で三岸節子展を開催。

1991年  ワシントン女性美術館において日本人作家として初の回顧展(日本では全国5会場を巡回)

1994年 文化功労者となる。

1995年 浜松市美術館で回顧展開催。

1998年 愛知県尾西市に、尾西市三岸節子記念美術館開館。

1999年 神奈川県で死去。享年94歳。

三岸 節子(みぎし せつこ)愛知県生まれの洋画家である。岡田三郎助に師事。三岸好太郎と結婚。平成6年文化功労者に選ばれる。

 節子は1905年(明治38年)愛知県に生まれた。

 そして当時新進画家として第一歩を踏み出したばかりの三岸好太郎と結婚したのは19歳のとき。突然の胃潰瘍の出血によって好太郎が31歳で急逝し、節子が取り残されたのは29歳。

 好太郎の死を聞いて「助かった。これで私は画家として生き延びられる」と心の中で叫んだのだ。好太郎との結婚は10年間であった。既に3人の子どもをもうけていた。「夫好太郎は天才、妻の私は努力の人」。当時、注目されていたとはいえ絵描きとして生計を立て、3人の子どもを育て、女流画家として新しい道を切り拓くには阿修羅のごとく生きるしかなかった。

 「わたしがただ一人愛した男」と節子が語るのは菅野圭介。出会ったのは、1938(昭和13)年、彼の風景画に引きつけられたのである。いずれも画家の39歳の夫と、43歳の妻の新生活のスタートは、「別居結婚」という話題をマスコミに提供した。

 1950年代には、洋画界の第一人者といった画格を確立した。50年1月の読売新聞主催・現代美術自選代表作15人展に節子は女流画家としてただ一人招待を受け、《室内》など10点を出品している。ちなみに他の14人の画家は安井曾太郎林武岡鹿之助、猪熊弦一郎、小磯良平、福沢一郎、岡本太郎、児島善三郎、野口弥太郎、中山巍、梅原龍三郎、木下孝則、東郷青児、岡田謙三である。

 1954年、節子はフランスに渡った。自分なりに人生の区切りをつけ、孤高の志を貫く道への第一歩を踏み出したいと願っていた。1968年には南仏カーニュに定住し、ブルゴーニュの小さな村ヴェロンに農家を購入し移住。再び1984年に渡仏、1989年に帰国、84歳であった。個展とか、体調を崩したための一時帰国とかはあったが、結局フランスとの関わりは20年にもなった。 帰国後は大磯のアトリエで制作活動に取り組む。遺作は、93歳で描いた100号の大作《さいた、さいた、さくらがさいた》。「透明度の高い独自の色彩感覚」とは司馬遼太郎の言葉。鮮やかな色彩、迫力ある構図、、が特徴である。 三岸好太郎美術館が札幌に開館したのは1983年。個人名を冠した美術館としては最初のもの。散逸していた好太郎の作品を節子が買い戻し、220点を北海道に寄贈したのが元になっている。1998年11月、愛知県の尾西市に三岸節子記念美術館が完成した。入り口の正面には《自画像》が飾られている。翌1999年4月、節子は永眠した。94歳であった。 H11年4月18日 三岸節子 死去と報じられた。94歳。まさに天寿を全うした感がある。三岸好太郎と過ごしたのは19歳から29歳までの10年。好太郎の死によって2人の生活は突然終わった。ときに好太郎31歳、胃潰瘍からの出血であった。節子は幼い子供3人抱えてこの先の人生を生き抜くことになった。 『花こそわが命』(求龍堂)から、三岸節子のことば ・三岸好太郎という、まことに破綻の多い、素朴であるが不敵な面魂をたくわえた天才と生活をともにした事実は、大きな代償を払って学びとった人生である。 ・名古屋から「コウタロウ、シス」という電報が鷺宮の家に届いたとき「ああ、これで私が生きていかれる」と思いました。 最も印象的なのは『ヴェネチア』(1973) 運河の水の色を何層にも塗り分けている。橋の影が落ちている部分、建物を映している水面。となりの運河へと広がる道。そして、血の色とも思える鮮やかな赤のくまどりが表れる。これは何だろう。画家の心の中に見えたものとしか言いようがない。この色彩の鮮やかさは好太郎にはまったく無い。

三岸 節子 に関する記事

まだ記事がありません。

三岸節子の作品を探しております

www.art-information.ne.jp
鑑定・査定の無料相談受付中。
大切な財産だからこそじっくりと丁寧にご相談内容をお聞きします。

三岸節子 について

三岸 節子に関する記事

  • まだ記事がありません。